目がいやらしい⇒月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!

2011年06月10日

曝される被

 福島第1原発事故で、東京電力は10日、多量の内部被ばくが判明した30代と40代の男性社員2人について、外部被ばくと合わせた総被ばく量がそれぞれ678.08ミリシーベルトと643.07ミリシーベルトだったと発表した。厚生労働省が緊急時の特例として引き上げた限度250ミリシーベルトを2倍以上超過した。
 また、同社は新たに、50代の男性社員の甲状腺から多量の放射性ヨウ素が検出されたと発表した。この男性も限度を超える恐れがあるとみて、放射線医学総合研究所(千葉市)で詳しく調べる。3人とも健康診断の結果、異常は見つかっていないという。
 東電によると、放医研の線量評価の結果、30代の社員が外部被ばく88.08ミリシーベルト、内部被ばく590ミリシーベルト、40代社員が外部103.07ミリシーベルト、内部540ミリシーベルトと判明。東電によると、5月に入ってからの被ばく量が一部加算されておらず、さらに増える可能性があるという。 (被ばく量、最大678ミリシーベルト=東電2社員、限度2倍以上―福島第1原発 (時事通信) - Yahoo!ニュース)
ラベル:東電 被曝
posted by コペ at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。