目がいやらしい⇒月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!

2011年04月18日

正直なめんな

 東京電力の清水正孝社長は18日、参院予算委員会に参考人として出席し、福島第1原発事故への初動対応で、原子炉格納容器の内部圧力を下げる「ベント」作業が遅れ、事故が悪化したとの指摘に対し、「暗闇の中で作業を強いられ、通信機能も喪失して連絡が困難だった」と説明。放射能漏れを謝罪した上で「電源が喪失し、放射線量も高い厳しい状況だった。作業員が交代で作業するが、現場の線量の確認や被ばく評価などに時間がかかった」と釈明した。

【地図と図解】福島第1原発周辺の累積線量結果

 清水社長が国会で答弁したのは事故後初めて。菅直人首相の同原発視察が作業を遅らせたとの見方については「特に影響はない」との認識を示した。

 津波対策が不十分だったとの指摘に対しては、「14〜15メートルの津波は想定できず、そういう意味では甘かった」と認めた。ただ、東電の責任については「土木学会の基準に基づいて対応してきた」と従来の見解を繰り返した。【山本明彦】いやさぁ・・・もうなんていうか・・・
posted by コペ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。